KIAが目指す3つの目標

KIA's Three Goals

私たちの想い

社会のグローバル化が進み

身近な地域の中で さまざまな国籍・文化を持つ人たちが

一緒に暮らすようになってきています。

 

私たちは

 

 世界の人々と友達になり

 外国の文化や習慣を

 もっと勉強したい…

 

 身近に住んでいる外国の

 人々が、より楽しく

 安心して生活できるように

 お手伝いがしたい

 

そんな想いをもって活動しています

 


国際感覚を持つ人づくり

Educating people with international sense

国際コミュニケーションの機会づくり

Providing opportunities for international communication

外国の人にも気配りする町づくり

Building a town friendly to those from other countries


幸田町の外国籍住民の人口

幸田町の外国籍住民は1386人('21/5/31現在)で、人口に占める割合は約3.3%です。2013年度以降、増加しており、2018年度に1000人を突破しています。

 国別の構成比率ではベトナム、ブラジルの方で全体の2/3を占めています。3番目に多いフィリピンの方は英語が概ね通じますが、全体的には英語でコミュニケーションができる方は多くありません。このことからも、「やさしい日本語」が大事であることがわかります。

 外国籍のみなさんも、地域コミュニティの中で日常生活をしています。KIAでは、日本人の方と外国籍の方が分け隔てられることなく、同じように暮らしていけることが大事と考えています。現在はコロナ禍で様々な行事が制限されていますが、各区のイベントの案内や、町民大運動会での出場選手募集などで「やさしい日本語」も使っていただくことで、外国籍のみなさんも参加しやすくなると思います。地域での多文化共生を進めていただけるとありがたいです。KIAも、多文化共生の活動を積極的に進めていきます!

会長あいさつ

皆さん、こんにちは。幸田町国際交流協会会長の渡邊です。

世界的規模での新型コロナウイルス感染が突然急速に拡大し、テレビなどの報道でこの関連のニュースが届かない日はありません。この愛知県におきましても緊急事態宣言が解除されたとは言え、まだまだ気の抜けない状況が続き、Withコロナのステージを迎えておりますが、このような中、皆さん、如何お過ごしでしょうか?

日頃のお仕事のスタイルやお子様の学校、普段の食生活にも大きな変化があると思いますが、幸田町民の前向きな明るさで乗り越えて行きましょう。

国際交流協会の活動におきましても、この自粛の事態により活動が一部止まっていることも発生しておりますが、これも前に進むための期間として、活動の再開や工夫を凝らした活動に向けて進めていければと考えております。

『地球規模で考え、身近な地域で行動する』を掲げての語学教室や外国人参加の各種イベント開催、国際的な交流の場、外国を知る講演会などの活動を行って参りたいと思います。幸田町にお住まいの外国籍の方は年々増加しております。身近に住んでいる外国籍の人々が、より楽しく安心して生活できる環境のお手伝いができればという想いを持って活動しています。

引き続き、皆様のご協力と活動への参加、ご支援をよろしくお願いいたします。